凡ミス、守備に課題 J2金沢と練習試合 大分トリニータ【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

ゴール前で競り合う大分のオナイウ(右)=県サッカー協会スポーツ公園

 サッカーJ1の大分トリニータは9日、大分市の県サッカー協会スポーツ公園でJ2金沢との練習試合に臨んだ。開幕まであと2週間。攻撃面では戦術理解や連係は高まってきたが、簡単なミスから失点を喫し、守備面での課題も浮かび上がった。

 2試合(45分を4回)の形で実施。1試合目はパスもつながり、両サイドからうまく相手を崩してFW藤本憲明、MF前田凌佑、FW後藤優介が得点した。ただ反則によるPKやミスから同点に追い付かれて終えた。

 メンバーを大幅に入れ替えた2試合目は何度も守備の裏を突こうとしたが得点できず、逆に簡単にボールを失って2失点した。試合は計3―5だった。

 積極的に攻撃を仕掛けたFW高山薫は「自分を含めて新加入選手も大分のサッカーが分かってきた。パスの出るタイミングも合い、徐々に連係も良くなってきた」と振り返った。一方、FW三平和司は守備での連係不足を挙げ、「失点後に各選手の動きが悪くなってしまう」と指摘した。

 この日はこれまでの練習試合と選手の組み合わせを変えながら、全体の動きもチェックした。片野坂知宏監督は「狙いを持って攻撃ができていた。練習試合で失点が続いているが、相手のプレッシャーによるものなどで修正できる」と分析。その上で「選手の調子を上げ、戦術を高めていいスタートを切りたい」とリーグ開幕を見据えた。