サッカー、木下が初出場で決勝点

ベルギー1部リーグ

©一般社団法人共同通信社

ワースランドベベレン戦で、決勝ゴールを決め喜ぶシントトロイデンの木下(左)=シントトロイデン(共同)

 【シントトロイデン(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグで9日、シントトロイデンの木下康介がワースランドベベレン戦で1―1の後半40分から移籍後初出場を果たし、同44分に決勝ゴールを挙げた。冨安健洋、鎌田大地はフル出場した。関根貴大は出番がなかった。

 シャルルロワの森岡亮太はホームのオーステンデ戦の後半40分までプレーし、先制点につながるPKを獲得。チームは終了間際に失点して1―1で引き分けた。オイペンの豊川雄太はホームのコルトレイク戦にフル出場したが、チームは0―1で敗れた。

ワースランドベベレン戦で、競り合うシントトロイデンの冨安(右)=シントトロイデン(共同)
オーステンデ戦で、競り合うシャルルロワの森岡(右)=シャルルロワ(共同)