CLユナイテッド戦控えるPSGに打撃… ネイマールに続きウルグアイ代表FWも負傷

©フットボール・トライブ株式会社

ピッチ上に倒れこむエディンソン・カバーニ 写真提供:GettyImages

パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが現地時間12日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16の1stレグ・マンチェスター・ユナイテッド戦への出場が微妙となっているようだ。9日、イギリスメディア『BBC』がこれを伝えている。

カバーニは9日に行われたリーグアン第24節・ボルドー戦に先発出場を果たすと、41分にベルギー代表DFトーマス・ムニエが相手ペナルティエリア内で倒れて得たPKを確実に沈め先制点をもたらしていた。

ただ同選手はハーフタイムでフランス代表FWキリアン・ムバッペと交代しピッチを後にしており、筋肉に問題を抱えたという見方が広まっている。

チームを率いるトーマス・トゥヘル監督は試合後のメディアインタビューにて「我々は待たなければならない。手元に良いニュースはない」とカバーニの状態について心配するコメントを残している。

また同監督は「(ユナイテッド戦で)彼がプレーするかどうか正直なところ分からないし、心配している。ネイマールと同様、カバーニの替わりはいない」と語っており、ユナイテッド戦に向けた陣容に問題を抱える可能性があることを示唆している。

なおネイマールは先月23日に行われたクープ・ドゥ・フランス(フランス国内カップ戦)ベスト32・ストラスブール戦で右足首を負傷。これにより同選手は3月までの戦線離脱がほぼ確実となっている。

前線でこれ以上の離脱者を抱えることを恐れていたPSGであるが、もしカバーニまで離脱となると間違いなく大きな痛手となるだろう。