鷹サファテが合流、ロッテドラ1藤原の初ヒットは? …10日パ・キャンプの見所

©株式会社Creative2

ロッテ・藤原恭大【写真:荒川祐史】

西武はシート打撃で最多勝右腕が登板、オリは5イニング制の紅白戦

 2月10日、パ・リーグのキャンプでは東北楽天が休養日を迎えているが、すでに実戦に入っているチームもそうでないチームも、徐々に本格的にシーズンを見据えた態勢に入りつつある。4球団の10日の春季キャンプの見どころを見ていこう。

○西武、最多勝右腕とドラ1右腕VSパ最強打線

 休養日明けの西武は、午後のシート打撃で多和田が登板。平井や今井も登場し、最後はルーキーの松本が投げる予定だ。シートノックでは、外崎が二塁と外野の守備に就く。持ち前のユーティリティ性を堪能することができそうだ。

○ロッテ、藤原はドラ1の先輩に続けるか

 ロッテは13時から、Lamigoモンキーズとの「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2019 in石垣島」の2戦目を迎える。9日の初戦では打線が爆発し、22-0と圧勝。この日途中出場で3打数無安打に終わったドラ1ルーキーの藤原は、それぞれ一発を放った平沢や安田に続く活躍ができるか。投打ともに、初戦の良い流れを持続させたい。

○オリックス、5イニングス紅白戦

 なんといってもこの日のオリックスキャンプの注目は、13時から開始される紅白戦だ。初の実戦となるこの試合で、西村新監督に対して自身の存在感を示せるかどうかは、今後に向けても重要になってくる。ルーキーや新戦力が実戦でどんなプレーを見せるか。選手たちのアピール合戦、見逃すわけにはいかない。

○ソフトバンクはキングが合流

 ソフトバンク野手陣は10時40分からランニング開始。ランチ特打には中村晃、柳田、上林が登場し、ファン必見の豪華な特打となるだろう。投手陣においては、ついにサファテがチームに合流。戦力としてはもちろんだが、キングがチーム内で発揮していた存在感の大きさを、改めて目の当たりにすることになりそうだ。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)