「悲願の憲法改正に取り組むとき」と首相

©一般社団法人共同通信社

 安倍首相は自民党大会で「いよいよ立党以来の悲願である憲法改正に取り組むときが来た。憲法にしっかり自衛隊を明記して、違憲論争に終止符を打とうではないか」と述べた。