ホーム最終戦 白星飾る 今季初ストレート 大分三好【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

【大分ー長野】第1セット、スパイクを決める大分のマーク=ビーコンプラザ

 バレーボールVリーグ男子1部の大分三好ヴァイセアドラーは10日、別府市のビーコンプラザでVC長野トライデンツと対戦。3―0で勝ち、今季のホーム最終戦を白星で飾った。通算成績は4勝19敗(11点)で順位は9位のまま。

 また第1試合は、豊田合成トレフェルサが、別府市出身の高松卓矢の活躍で、首位のパナソニックパンサーズを3―1で破った。

 大分三好は16日、富山県の氷見市ふれあいスポーツセンターで堺ブレイザーズと対戦する。

 【評】各セットで持ち味を発揮した大分三好がVC長野に快勝した。

 大分三好は第1セット、中盤にマークのエース、高山のブロックなどで流れをつかみ、25―17で先取した。第2セットは安定したサーブレシーブから攻撃の幅をさらに広げ、勝が要所で得点を重ねるなど25―18で連取。第3セットもヤカンを軸に各選手が躍動し、一気に試合を決めた。

大分三好

(11) 

3 25―17

25―18

25―19

 0VC長野

(3) 

 大分三好がVC長野に完勝し、今季初のストレート勝ちを最後のホーム戦で飾った。同じ昇格組ながら昨秋の開幕第2戦で完敗した宿敵に成長の証しを示し、小川貴史監督は「課題を修正しながら徐々にチームとしてまとまってきていた中で、理想とする形を出しきれた」と快勝に胸を張った。

 前日(9日)にけがから3試合ぶりに復帰したマークの安定した守りが光った。攻撃の中心で常にサーブでも狙われる立場。だが「試合に出られない間、悔しい思いがたまっていた。まだ本調子ではないが、なんとかチームに貢献したくて、まずディフェンスに集中した」とマーク。その言葉通り、3セットでチーム最多の27打を受けながら77.8%という高いサーブレシーブ成功率で試合をつくった。

 安定した守りは持ち味の攻撃に直結。ヤカンの強打だけでなく、勝将哉のサイド攻撃、藤田裕城の速攻、マークのバックアタックなど攻撃の幅も広がり、各セットでじわじわと相手を圧倒。一度も20点目を与えることなく一気に勝負を決めた。

 マーク不在の2試合でチームは大敗を経験した。それだけに今回のホーム2連戦で大黒柱の大きさを改めて実感し、藤田は「これまで頼り切りになっていた」と猛省。高山伸悟主将も「もっと日本人を中心に周りが頑張って負荷を減らしていく」と力を込めた。

 リーグは残り4試合。ホームで英気を養ったマークは「声援が大きな自信と刺激になった。残りの試合も全力でプレーしたい」と笑った。 

 ▽男子

東  レ

(40) 

3 25―23

21―25

25―22

26―24

 1J  T

(47) 

サントリ

ー   

(50) 

3 25―23

21―25

25―16

25―13

 1堺

(37) 

豊田合成

(45) 

3 25―23

21―25

25―21

25―13

 1パナソニ

ック  

(62) 

(サントリーはプレーオフ進出)

 ▽女子

トヨタ車

体   

(36) 

3 25―18

25―20

25―19

 0PFU

(2) 

久光製薬

(49) 

3 25―23

22―25

25―18

27―25

 1岡山シー

ガルズ 

(28) 

J  T

(41) 

3 25―21

25―13

25―19

 0KURO

BE  

(7) 

(トヨタ車体はプレーオフ進出)