伊藤(盛岡中央高)準優勝 クライミングスピードジャパン杯

©株式会社岩手日報社

女子で準優勝に輝いた伊藤ふたば(TEAM au、盛岡中央高)=10日、東京都昭島市・モリパークアウトドアヴィレッジ

【東京支社】スポーツクライミングの第1回スピードジャパンカップ(JC)は10日、東京都昭島市のモリパークアウトドアヴィレッジで行われ、女子は16歳の伊藤ふたば(TEAM au、盛岡・松園中―盛岡中央高1年)が準優勝した。

 スピードはホールド(突起物)を設置した高さ15メートルの壁を登るタイムを争う。伊藤は予選2位で上位16人による決勝トーナメントに進出。1回戦、準々決勝と勝ち上がり、準決勝は第一人者の野口啓代(あきよ)(TEAM au)を下した。決勝は1月のボルダリングJC覇者の野中生萌(みほう)(XFLAG)と対戦。終盤まで競り合ったが、0秒27差で優勝を逃した。