雪遊びの男児突き飛ばす 「調子にのるなよ、ぶっ殺すぞ」 千葉東署、容疑で男逮捕

©株式会社千葉日報社

 公園で遊んでいた小学生を突き飛ばしたとして、千葉東署は9日、暴行の疑いで千葉市若葉区の自称無職の男(42)を逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後2時5分ごろ、美しの森公園(同区都賀2)で、同区に住む小学6年の男児(12)の胸ぐらをつかみ、突き飛ばすなどの暴行をした疑い。

 同署によると、友人らと雪遊びをしていた男児に「調子にのるなよ、ぶっ殺すぞ」などと因縁をつけ胸ぐらをつかんだ。右手で顔面を殴るしぐさをし、左手で突き飛ばした。「殴ろうとはしていないが、胸は押した」と供述している。

 男児とは面識がないとみられ、男児が近くの交番に被害を訴え、同署員が付近にいた容疑者を確保した。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)