近畿~関東 11日夕方まで雪の所も 12日朝は凍結に注意

©株式会社ウェザーマップ

11日(月)午前8時半前 場所 台東区 撮影:高橋和也

 建国記念の日のきょう(11日)は、西日本や東日本の太平洋側でも雪が降り、積雪となっている所もある。近畿は昼過ぎにかけて、東海や関東では夕方にかけて雪の降る所がある見込み。茨城県や千葉県では、大雪となるおそれがあるため、路面の凍結や車の運転などに注意が必要だ。

11日(月)午前11時の天気に関する推計気象分布

 低気圧や上空の寒気の影響で、11日午前は西日本や東日本の太平洋側でも雪の降った所があった。午前9時の積雪は、千葉市5センチ、岡山市3センチ、茨城県つくば市2センチなど。また、近畿や東海の一部でも、雪の降っている所があるとみられ、夕方にかけては関東を含めて降雪による交通機関への影響、樹木や電線への着雪に注意が必要だ。関東は気温も上がりにくく、11日の最高気温は水戸2℃、東京都心と千葉は4℃の予想となっている。

週間天気予報(数字は予想最高気温と最低気温)

15日(金)再び天気崩れる

 あす12日(火)は冬型の気圧配置となり、太平洋側は晴れる所が多くなる見込み。ただし、朝は0℃を下回る所もあるため、雪がとけ残っている場所では、車の走行や徒歩での移動に注意が必要となる。
 
 日本海側の各地は13日(水)以降も、寒気の影響で曇りや雪(雨)の日が多く、週の前半を中心に気温の低い状態が続く見込み。太平洋側の天気は周期的に変わり、晴れる日が多くなる予想だが、15日(金)頃は再び広く雨雲がかかる見込み。気温が低い東日本の内陸部などは、雪の降る所がありそうだ。東京都心は現段階では冷たい雨となる予想だが、上空の気温などの条件によっては予報が変わる可能性があるので注意が必要となる。(気象予報士・高橋 和也)