所得税の確定申告は3月15日(金)まで

福岡県北九州市

©株式会社パブリカ

申告書の作成は、収入金額や控除金額を入力することで税額を自動で計算できる国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」が便利です。
特に給与・年金所得だけの人は、簡易な申告書作成画面により作成が可能です。作成した申告書は、郵送で提出できます(提出は各税務署へ)。操作に関する質問は「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク【電話】0570-01-5901」へ問い合わせを。
なお、所得税・復興特別所得税の確定申告書を作成する際には、復興特別所得税(原則として、その年分の所得税額の2-1%)の記載漏れに注意してください。
所得税などの申告会場と開設期間・受け付け時間は下表のとおりです。

■確定申告が必要な人
▽事業所得や不動産所得等がある人で、平成30年中の所得金額の合計額が、基礎控除、配偶者控除、扶養控除などの所得控除の合計額を超える人
▽給与所得者で、
・給与の収入金額が2000万円を超える人
・給与・退職所得以外の所得金額が20万円を超える人

■事業や不動産貸付などを行う人
事業や不動産の貸し付けなどを行う全ての人は、「記帳と帳簿書類の保存」が必要です。

■年金受給者で申告が不要な人
公的年金等の収入金額が400万円以下で、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の人は、所得税の確定申告書の提出は不要です。ただし、所得税・復興特別所得税の還付を受ける場合は、確定申告書の提出が必要です。

■所得税・消費税と贈与税の申告相談受け付け

※2月18日~3月15日は門司・小倉税務署での申告相談は行っていません。
※2月24日、3月3日はAIMビル3階で全ての区の申告相談を受け付けます。
上記会場開設期間以外も各税務署で受け付けをしていますが、会場開設期間中に比べて長時間お待たせする場合があります。

■所得税などについての問い合わせ
・門司税務署
【電話】093-321-5831(代表)
・小倉税務署
【電話】093-583-1331(代表)
・若松税務署
【電話】093-761-2536(代表)
・八幡税務署
【電話】093-671-6531(代表)
※確定申告に関する情報は国税庁ホームページをご覧ください。

確定申告書には、「マイナンバーの記載」+「本人確認書類の提示」が必要です(自宅等からe-Tax送信する場合は不要です)。