けやき坂46:「日向坂46」に改名 3・27にシングルデビュー「夢かなった」

©株式会社MANTAN

(左から)「けやき坂46」改め「日向坂46」の佐々木美玲さん、齊藤京子さん、小坂菜緒さん、加藤史帆さん、柿崎芽実さん、佐々木久美さん

 アイドルグループ「けやき坂46」(ひらがなけやき)が11日、ライブ配信サービス「SHOWROOM」の生配信番組で、グループ名を「日向坂(ひなたざか)46」に改名することをサプライズ発表した。キャプテンの佐々木久美さんは、生配信後の会見で「日向坂46として、よろしくお願いします!」と元気よくあいさつした。

 この日の生配信は、佐々木久美さんのほか、齊藤京子さん、小坂菜緒さん、加藤史帆さん、佐々木美玲さん、柿崎芽実さんが出席。改名に合わせ、グループカラーが「空色」に変更されることが発表されたほか、3月27日に「日向坂46」名義で単独シングルをリリースしデビュー、デビューシングルが洋服のレンタルアプリ「MECHAKARI(メチャカリ)」のタイアップに決定、3月5、6日に「デビューカウントダウンライブ!!」を開催、単独オフィシャルサイトの開設なども発表された。「坂道シリーズ」としては「乃木坂46」「欅坂46」「吉本坂46」に続く4番目のグループとなる。

 佐々木久美さんは「名前を聞いたときは温かい雰囲気を感じました。可愛い名前だなって。グループカラーも『空色』ということで、空高く飛べるようなグループになっていけたら。日向坂46として胸を張って活動したい」と期待を込めて語った。佐々木美玲さんは、これまでの3年間の活動について「振り返ると楽しかったのですが、先輩方がテレビ出演しているのに憧れていた。葛藤もあった。21人で日向坂として活動できるのが楽しみ」と言い、「乃木坂46は清楚(せいそ)さ。欅坂46は迫力がある。私たちは何が武器なのかって考えていた。皆さんが私たちのことを見て(日なたのような)温かい気持ちになってもらえるんじゃないかという武器ができた」と目を輝かせていた。

 シングルデビューについて、佐々木久美さんは「シングルデビューするということを夢として掲げてきました。夢が現実となって本当にうれしい」と喜び、小坂さんも「夢に見ていたシングルデビューができ、本当に皆さんに感謝しています。日向坂46として新たな一歩を踏み出していきたい。もっとたくさんの方に愛されるグループになりたい」と声を弾ませていた。