鷹ドラ4板東、ノーヒット投球 打者6人を完全に封じ「ボコボコに打たれるかと…」

©株式会社Creative2

初のシート打撃でノーヒットピッチングと好投したソフトバンク・板東湧梧【写真:福谷佑介】

工藤監督も高評価「コントロールもいいし、ボールに力ある」

 ソフトバンクのドラフト4位ルーキー板東湧梧投手が、初のシート打撃に登板し、ノーヒットピッチングと好投した。宮崎キャンプ第3クール3日目の11日から実戦形式のシート打撃がスタート。この日登板した7投手の最後にマウンドに上がった右腕は打者6人を内野ゴロ5つ、三振1つに封じた。

 先頭の真砂を三ゴロに打ち取ると、塚田を投ゴロ、高田を一ゴロ。周東は見逃し三振に切り、甲斐を遊ゴロ、最後は谷川原を二ゴロと、初の実戦で見事な無安打投球を見せた。降板後には「力みましたね。途中から慣れましたけど、ちょっと力んだかなと思います。ボコボコ打たれるかと思ったんですけど、抑えられたことは良かった」と語った。

 JR東日本から入団した23歳。ドラフト1位の甲斐野のような目を引くようなスピードがあるわけではないが、精密なコントロールが武器だ。工藤公康監督も「抜いたカーブが、カウントも取れるし、いい。コントロールもいいし、ボールにも力があった」と高く評価していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)