若き日のニック・フューリー登場『キャプテン・マーベル』本予告、中村悠一がナレーション

©映画ランド 株式会社

3月15日(金)公開のマーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』の本予告が解禁となった。

ロサンゼルスのビデオショップに不時着したキャプテン・マーベルが、やがて最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”を結成することとなる若き日のニック・フューリーと共に、自らの過去に潜む謎を追い求め真実に立ち向かっていく本作。

解禁された予告編では、「君が必要だ」と求められながらも自分自身が誰なのか分からない不安から、「そんな力私にはない」というヒーローらしからぬ弱さをみせるキャプテン・マーベルの姿が映し出される。そんな彼女に、一流の軍人へと育てあげた師でもあるスターフォースの司令官(ジュード・ロウ)の「弱い自分のままだぞ」という言葉が重くのしかかる。果たして彼女はどのようにして“キャプテン・マーベル”として目覚めるのか…。

世界中で大ヒットを記録した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のラストで、アベンジャーズの司令官ニック・フューリーが助けを求めるべく操作したポケベルに映ったマークこそが、キャプテン・マーベルの赤と青のマークだった。マーベル最重要ヒーローである“キャプテン・マーベル”始まりの物語に、さらに期待がかかる予告編となっている。また本予告編では、アベンジャーズのメンバーであるキャプテン・アメリカの日本語吹替えを担当している中村悠一がナレーションで参加している。

映画『キャプテン・マーベル』は3月15日(金)より全国公開

(C)Marvel Studios 2018