またも即完売!名門AIKから「ホワイト・エディション」ユニフォームが登場

©株式会社コリー

昨季のスウェーデン1部リーグ(アルスヴェンスカン)を優勝し、9季ぶりのリーグ覇者となったAIKソルナ。

1月にリリースした真っ黒な特別ユニフォーム(ブラック・エディション)が話題になったが、今度はホワイト・エディションが登場!

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

このキットはクラブ公式オンラインショップで8日に発売したが、ブラック・エディションと同様に即完売となった。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

A.I.K. 2019 Nike '1891 White Edition'

通常のキットカラーでもあるホワイトを基調としたスペシャル・エディション。ホワイトは1900年のリーグ初優勝時に着用していたユニフォームの色だった。胸には通常のスポンサーロゴではなく、クラブ創設年をプリントする。

シャツ自体はNikeのテンプレートを使用したものだが、差し色のメタリックゴールドとのバランスが絶妙。シンプルだが豪華に見えるのは、やはりデザイナーのセンスの良さなのだろう。

このホワイト・エディションは、8日に行われたニューヨーク・シティFCとプレシーズンマッチでデビュー。試合は1-1で引き分けている。

このスペシャル感がスゴイ!キットは数量限定販売で、特別なケースに収められている。シャツはスポンサーロゴマークを外したが、箱にはしっかりとプリント。

メタリックゴールドで彩られたエンブレム。ブラック・エディションではシャツと同色のステルス仕様だったが、今回はコントラストが明確に。

背番号もメタリックゴールドで特別感を演出。斜めストライプをあしらい、下部にはエンブレムが入る。

言ってみれば“ただのスポーツウェア”なのだが、妙にラグジュアリー感のあるイメージビジュアル。細かなところもクオリティが高い。

このキットはクラブ公式オンラインショップでは即完売となったが、海外の一部ショップでは13日から販売開始となる。もっとも、そちらでも完売は必至だ。