アーセナルMF、ファンからの苦言に“丁寧すぎる”対応 何をした? 

©株式会社FACTORIES

2017年にアーセナルのトップチームに名を連ねたメイトランド・ナイルズ photo/Getty Images

イスプウィッチへのローン移籍を経て、2017年にアーセナルのトップチームに名を連ねたMFエインズリー・メイトランド・ナイルズ(21歳)。今季は本職のサイドハーフのみならずサイドバックでも起用されるなど、プレイの幅を広げている同選手だが、この度丁寧すぎるファン対応で話題を呼んだ。

英『THE Sun』や『Mirror』によると、同選手は9日に行われたプレミアリーグ第26節(ハダースフィールド戦)終了後、Instagramを通じて多くのアーセナルサポーターよりプレイぶりを批判されたとのこと。「お前はボールを失いすぎだ」、「アーセナルの一員にしては努力が足りない」、「頼むからもっと死に物狂いでボールを追ってくれ」などの厳しいコメントが発せられたようだ。

これらのコメントを目の当たりにした同選手はInstagramを通じ、「次はもうちょっと考えてプレイするよ」、「もう少しマシな選手になれるように努力するよ」、「ありがとう、もっと頑張るよ」などと投稿。多数の批判コメントに対し1件ずつ丁寧に返信を行ったことが両メディアで伝えられた。

SNSの普及により、ファンの声がよりダイレクトに選手へ届く時代となっているが、寄せられた批判コメントにこれほど真摯に対応している選手も珍しい。熱烈なファンからの声援を糧とし、更なる成長を遂げることができるだろうか。