生理ちゃん:異色のマンガが実写映画化

©株式会社MANTAN

「生理ちゃん」の映画化の告知(C)小山健/KADOKAWA

 生理を題材とした異色のマンガ「生理ちゃん」が実写映画化されることが12日、明らかになった。2日発売の連載マンガ誌「月刊コミックビーム」(KADOKAWA)3月号で発表された。

 「生理ちゃん」は、小山健さんのマンガで、生理痛の原因を擬人化したキャラクターが登場する。ウェブサイト「オモコロ」に掲載。2018年6月にコミックスがKADOKAWAから発売されて、重版されるなど話題になった。「月刊コミックビーム」で連載中。

 映画の詳細は今後、発表される。