子犬のお腹にヘロイン埋め込み密輸、獣医師に禁錮6年

ブルックリン区連邦地裁が判決

©Daily World Press, Inc.

保護された子犬たち(photo: DEA)

 子犬の腹部にヘロインを隠し密輸したとして昨年、共同謀議の罪で有罪判決を受けていたコロンビアの獣医師、アンドレス・ロペス・エロレス被告(39)に対し、ブルックリン区連邦地方裁判所は7日、禁錮6年の実刑判決を言い渡した。連邦麻薬取締局(DEA)が発表した。被告は刑期終了後、コロンビアに強制送還される見通し。

子犬の腹部から除去された液体ヘロイン(photo: DEA)

 発表によると、エロレス被告は2004年9月8日から05年1月1日にかけてコロンビアのメデジン市の農場で犬を飼育、子犬9匹の腹部に外科手術を施し液体ヘロインが入った袋を埋め込み、米国に密輸した。

 連邦当局は05年1月1日、農場を捜索、腹部に液体ヘロインが入った袋が埋め込まれた子犬を見つけた。当局は子犬を保護し、子犬の腹部から液体ヘロイン10袋を除去、農場から合計3キロの液体ヘロイン17袋を押収した。除去手術後、ウイルスに感染した子犬3匹が死亡した。当時、被告は農場からは姿を決しており、スペインに逃亡。15年に逮捕されていた。

コロンビアで警察の麻薬探知犬として活躍するロットワイラー犬(photo: DEA)

 連邦検事局のリチャード・ドナヒュー検事は「きょうの判決を犬たちは喜んでいるだろう。被告は獣医師の技術を悪用した」と非難した。

 当局が保護した子犬のほとんどは里親が見つかっているという。

保護された子犬たち(photo: DEA)