NHKメディアテクノロジーとNHKアイテックが合併。新技術分野に対応する新会社「NHKテクノロジーズ」発足へ

©株式会社 音元出版

株式会社NHKメディアテクノロジーは、2月6日に開催された臨時株主総会において、NHKグループ会社である株式会社NHKアイテックと合併することを決定し、本年4月1日をもって新会社「株式会社NHKテクノロジーズ」としてスタートする。

NHKの技術系子会社である株式会社NHKメディアテクノロジーと株式会社NHKアイテックの両社の合併については、昨年12月12日に合併契約を締結したことが発表されていた。

NHKテクノロジーズは、これまで両社が担ってきた既存業務を統合し、番組制作からコンテンツの送出・監視、放送電波の送信と受信環境整備、関連情報システムの維持管理まで、放送技術に関わるトータルソリューションの提供を目指す。また、情報セキュリティやインターネット展開など、今後求められる新たな技術分野にも対応し、 “公共メディア” NHKを支え、NHKグループに期待される業務を高度かつ効率的に担う、文化の創造と社会の発展に貢献する総合技術会社として期待に応えていく。

合併に係る事項は以下の通り。

合併期日 平成31年4月1日(予定)

新商号 株式会社NHKテクノロジーズ

本店所在地 東京都渋谷区神山町4番14号