日本中のクイーン・ファンが一堂に会するイベント、クイーン・デイ今年も開催

©ユニバーサル ミュージック合同会社

1979年クイーン来日公演 PHOTO:KOH HASEBE

クイーンのファンが集う年に1回のイベント、クイーン・デイが今年も開催が決定した。
クイーンが1975年の初来日で羽田空港に降り立った4月17日を、来日40年目の2015年に「The Queen Day(クイーンの日)」と制定。クイーン・ファンにとって聖地でもある羽田空港で同年、ファン・イベントを初開催。クイーンの国内でのファンクラブが活動していない中、ファンが集える唯一の場として、毎年4月17日のクイーンの日近辺の土曜日に開催され、これまでに通訳、ガードマン、レコード会社の担当ディレクターと様々なクイーン関係者をゲストに招き、数多くの観客を動員してきた、今やクイーン・ファンの老舗的なイベントとなっている。

5回目となる今年のクイーン・デイは、開催から40年経った1979年のジャパン・ツアーを特集。クイーン、3度目の来日となったこの時のツアーは滞在日数27日間、全15本のコンサートとクイーン全6回の来日公演史上、最大の規模で行われたもの。クイーン・デイはトークとライブ・パフォーマンスで構成。トーク・ゲストには日本でのクイーン人気を支えた音楽雑誌ミュージック・ライフの元・編集長、東郷かおる子が初登壇する。日本で最初にクイーンのメンバーにインタビューし、その後何度も取材を重ねたキーパーソン。もうひとりのゲストはミュージックライフの専属カメラマンとして、クイーン6回の来日公演のすべてを撮影してきた長谷部宏。アルバム「ライブ・キラーズ(1979年発表)」のジャケットは長谷部の撮影。クイーンのメンバーと最も近くにいたふたりに、1979年の来日を中心にメンバーの様子をたっぷり語ってもらうスペシャルなトーク・タイムとなる。
ライブ・パフォーマンスは2015年の第1回クイーン・デイに出演したQUEER(クイーア)が登場。第1部では、40年前の1979年4月13日、日本武道館でのセットリストを再現。第2部では映画「ボヘミアン・ラプソディ」でも話題となった1985年7月13日のライブエイドを完全再現する。
40年前から応援し続けてきたリアルタイム体験世代に加え、映画を見てファンになった新しい世代も楽しめるクイーン・ファンの集い、「クイーン・デイVol.5」は44年前にクイーンのメンバーが初めて降り立った羽田空港国際線ターミナル、TIAT SKY HALLにて4月13日(土)に開催!1979年4月13日の日本武道館チケットを再現したメモリアル・チケット(入場時に配布)がついた「クイーン・デイVol.5」のチケットは3月2日の一般発売に先駆け、2月12日(火)16:00より先行受付がスタート。詳細はイベント・オフィシャルサイト参照。

<イベント概要>
MUSIC LIFE CLUB Presents The Queen Day Vol.5 〜QUEEN JAPAN TOUR '79/40周年記念〜
日時:2019年4月13日(土) 開場15:30/開演16:00
会場:TIAT SKY HALL(羽田空港国際線旅客ターミナル4F)

チケット価格(指定席/税込):前売 5,000円/当日 5,500円(前売&当日ともドリンク代600円別)
チケット発売日(先行):2月12日(火)16:00〜2月24日(日)23:59/詳細:公式サイト参照
チケット発売日(一般):3月2日(土)10:00〜/ぴあ、イープラスにて発売
特典:1979年4月13日・日本武道館公演メモリアル・チケット
(メモリアル・チケットは入場時に配布)

<イベント内容>
☆直前予習講座:1979年のクイーン/講師:石角隆行
☆ライブ第1部:1979年4月13日日本武道館セットリスト再現(抜粋)/演奏:QUEER(クイーア)
☆トーク・タイム ;
ゲスト:東郷かおる子(ミュージック・ライフ元編集長)
    長谷部 宏(写真家/クイーン全来日公演及び『ライブ・キラーズ』のジャケット写真撮影)
☆ライブ第2部:1985年7月13日 ライブエイド・セットリスト完全再現/演奏:QUEER(クイーア)
※総合MC&構成:石角隆行(クイーン研究家)