酒気帯び運転の疑いで男を逮捕

室蘭署

©株式会社室蘭民報社

 室蘭署は11日、室蘭市港北町2のパート従業員の男性容疑者(64)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後127分ごろ、室蘭市中島町1付近の国道37号で酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑い。

 同署によると、容疑者は、信号待ちで停車していた普通乗用車に追突する事故を起こし、追突された相手が室蘭署へ通報。双方にけがはなかった。呼気検査で基準値の約4倍のアルコール濃度が検出された。容疑者は容疑を認めているという。