華やかな笑顔の裏に隠されているCA(客室乗務員)の実は大変な場面5選

©株式会社シーエーメディアエージェンシー

実は華やかなだけじゃない?CAが直面する苦労

CAと言うと、いつも笑顔で、世界中を旅するとっても華やかな仕事というイメージがありませんか?

筆者も、CAになる前はそんな毎日を想像していました。

しかし、実際は大変なことの連続。

もちろん、その苦労があってもやりがいのある素晴らしいお仕事ですし、大変なのはCAだけではなく、どんな仕事においても大変なことの連続です。

今回は、CAの笑顔に隠された苦労をほんの少しだけお話します。

 

トラブル対応

天候不良によるお客さまの安全のための飛行機の遅延や、CAではどうすることもない機材トラブルや機内エンターテイメントの故障。

時には、乗り換え前のCAやグランドスタッフ、予約係へのクレームの対応も。

実は、CAが機内で謝罪する機会はとてもたくさんあります。

長距離フライトならたっぷり時間があるので、お客さまとしっかり向き合ってできる限りの対応をします。

目標は、機内で解決、笑顔になっていただくことです。

短距離フライトですと、お客さまのクレームを伺うだけで何もできないことも。

そんな時は、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

 

安全は抜かりなく!緊張の連続

CAはサービス要員である前に、保安要員です。

いつ何時、どんなトラブルがあるか分かりません。

フライト前のブリーフィング(ミーティング)では、毎回、保安要員として乗務できるレベルの知識を持っているか、口頭でテストがあります。

乗務しても、音や臭い、お客さまの様子に常に気を配り、もしものトラブルに備えています。

常に、今日のフライトも安全であるように、と緊張感を持ってフライトに臨んでいます。

 

どんな時も仕事中心

お休みの日でも翌日にフライトがあれば、飲酒の時間を逆算したり、ニンニク料理は控えたり。

フライトでの行先を考えて、時差で疲れないよう生活リズムを少しずつステイ先に合わせて、お休みでも外出を控えたりと、体調コントロールも欠かせません。

ステイ先でも同じです。

帰りのフライトを考えて、外出は控えてお昼寝をして時差調整をするのも仕事のうち。

こんな風に、生活の全てがフライト中心になります。

恋人とお休みが一緒でも、翌日のフライトを考えて食事を決めたり、明るいうちに帰宅したり。

意外かもしれませんが、仕事中心の生活なんですよ。

 

 

 

腰痛、不眠症などの職業病

CAのほとんどが悩まされるのが腰痛。

大きな機材では、乗務するだけで腰に負担がかかります。

その上、お客さまの荷物を頭上の棚にあげるお手伝いをしたり、重いカートを押したり、腰には辛い職業なのがCA。

また、不眠に悩まされるCAも多いです。

時差や深夜のフライトで、なかなか寝付けなかったり、すぐに目が覚めてしまったり。

それでも目の下にクマがあったり、目が充血したままフライトするわけにはいきません。

不眠による不調も、絶対に顔には出してはいけないのが辛いところです。

そして、膀胱炎もCAの職業病としては有名です。

お恥ずかしながら、結構いるんです。

忙しくてお手洗いに行くタイミングを逃してしまったり、水分補給の時間が取れなかったり、海外でお手洗いが不衛生だったり、膀胱炎になる要因が割とあるのがCAの仕事。

同じような理由で、結石に悩まされるCAもいます。

その他にも、お肌の乾燥や貧血など、健康には人一倍心がけてますが、なかなか悩みは尽きません。

 

人間関係

もちろん感じ方は個人によりますが、CA同士の先輩後輩の上下関係の難しさ、毎回はじめましてのメンバーと乗務する難しさなどに悩む人も多くいます。

何といっても、CAの業務はチームワークが大切です。

また、外資系航空会社だと、多国籍のCAが集まるので働き方にも文化の違いが生じ、ストレスを感じることも。

外国人のお客さまとのカルチャーショックなども時々ありますね。

 

苦労を経験しながら仕事を楽しむのがCA

華やかでいつも笑顔のCAですが、その笑顔の裏にはCAの仕事ならではの苦労が隠されています。

もちろん、どんな職種にもその職種ならではの苦労があるかと思います。

CAならではの苦労も経験しながら、お客様との出会いに感動があったり、世界中の都市へ出かけたり、楽しみや嬉しいこともたくさん経験しています。