福祉避難所の運営サポーターを募集【大分県】

©有限会社大分合同新聞社

 県と県社会福祉協議会は、災害時に高齢者や障害者ら要配慮者を受け入れる福祉避難所の運営サポーターを募っている。対象は介護福祉士ら。被災市町村の要請に応じて活動する。

 福祉避難所は介護施設など県内362カ所(昨年6月1日時点)が指定されている。市町村が状況に応じて開設の有無を決める。発生直後は施設職員が避難者を支援するが、職員も被災していたり日常業務もあるため人員不足が懸念されている。外部からの応援が到着するまでの約1週間、人手を確保するため事前に協力者を登録しておく。

 施設職員らと相談対応や避難所の管理・運営補助などに当たる。対象者は介護福祉士、介護職員初任者研修か実務者研修の修了者。個人もしくは事業所単位で県社協のホームページから申し込む。問い合わせは、県社協(TEL097.558.3373)。