「美ら海守れ」海上から辺野古新基地に抗議 フロート越え一時拘束も

©株式会社沖縄タイムス社

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は12日も午前から海上作業を進めた。米軍キャンプ・シュワブ沿岸の「K9」護岸では土砂を積んだ台船に抗議しようと、市民らはカヌー11艇と抗議船3隻に乗り、「美ら海守れ」などと声を上げた。カヌーチームが臨時制限区域を示すフロートを越え、海上保安官に一時拘束される場面もあった。

 一方、シュワブゲート前では午後1時までに資材を積んだトラックの搬入が2度あり、市民約40人がプラカードを掲げて新基地建設中止を訴えた。

米軍キャンプ・シュワブ沿岸の「K9」護岸付近でカヌーに乗って工事に抗議する市民ら=12日午前9時44分、名護市辺野古