鷹の新人コンビが凄い! ドラ1甲斐野が最速153キロ&ドラ2杉山も152キロ

©株式会社Creative2

シート打撃に登板したソフトバンク・甲斐野央【写真:福谷佑介】

初のシート打撃登板で新人2人が150キロ台を連発

 ソフトバンクのドラフト1位甲斐野央投手、ドラフト2位の杉山一樹投手のルーキーコンビが150キロ超を連発した。宮崎キャンプ第3クール最終日の12日、実戦形式となるシート打撃に初登板。先にマウンドに上がった甲斐野が球場掲示で最速153キロ、杉山も最速152キロを記録し、圧巻の剛球ショーを演じた。

 この日登板した8投手のうち、7人目で登板した甲斐野。先頭の上林誠知に対していきなり151キロを弾き出すと、3球目には152キロを記録。最後は左翼への二塁打とされたが、左翼手に打撃投手が入っていたためで、本来なら左飛となる当たりだった。

 続く川島への1ボールからの2球目にこの日最速の153キロを記録。松田宣にも左前安打を許し、打者5人に対して2安打を浴びたが、150キロ台を連発して能力の高さを感じさせる実戦初登板となった。甲斐野は「プロのレベルを感じられて良かったです。まだまだだなと心の底から思いました。心を折れられつつ楽しかったです」と振り返った。

 続いてマウンドに上がった杉山も、塚田への初球でいきなり151キロを記録。さらに2球目でこの日最速の152キロをマークし、こちらも150キロ台を連発した。川瀬、西田から空振り三振を奪い、打者5人に対して1安打2三振。登板後は「いい形で投げられたと思います。結構良かったです。とにかくストライクゾーンで勝負しようと思って、ゾーンめがけて思い切り投げることがテーマだった」と語っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)