ゴーン前会長事件で三者が初協議

14日、裁判所・検察・弁護人

©一般社団法人共同通信社

カルロス・ゴーン被告、グレゴリー・ケリー被告

 金融商品取引法違反と特別背任の罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)らの公判に向け、裁判所と検察、弁護人による初の三者協議が14日、東京地裁で開かれる。前代表取締役グレゴリー・ケリー被告(62)や法人としての日産を含め、公判を別々に開くかどうかなどを話し合う見通し。ただ、東京地検特捜部はゴーン被告に関する捜査を継続しており、いつ公判が始まるかは不透明だ。

 関係者によると、三者協議には裁判官と公判担当検事、各被告の弁護人が出席。起訴内容に対する認否を確認した後、公判の進め方を検討するとみられる。