米軍機にレーザー照射か

横田基地、警視庁が捜査

©一般社団法人共同通信社

 米軍横田基地(東京都福生市など)所属のC130輸送機2機が11日午後、基地周辺を飛行中にレーザーとみられる光線を照射されたことが12日、警視庁福生署などへの取材で分かった。飛行への影響はなかった。同署は威力業務妨害容疑を視野に捜査する。

 福生署や横田基地によると、輸送機2機は11日午後6時半ごろ、東京都瑞穂町周辺から数秒間照射され、米軍が警視庁に通報した。光線が目に入ると、一時的に視力が低下し、事故につながる危険性があるという。

 同基地所属の米軍機への照射は2018年7月以降、10回ほど確認されている。