好調マンUはPSGをも食らう? ホーム戦に絶対の自信を持つスールシャール

©株式会社FACTORIES

暫定ではあるものの、マンUの指揮官に就任して以降未だ黒星がないスールシャール監督 photo/Getty Images

12日にチャンピオンズリーグ・ラウンド16の1stレグが行われ、マンチェスター・ユナイテッドとパリ・サンジェルマンが激突する。この注目の一戦を前に、マンUの暫定指揮官を務めるオーレ・グンナー・スールシャール監督が記者会見へ出席。PSG戦への意気込みなどを明かした。

昨年末に現役時代に過ごしたマンUの暫定指揮官に就任したスールシャール監督。ここまで公式戦11試合を戦って10勝1分けと、未だ負けなし。今季厳しい状況が続いていた古巣を見事立て直し、プレミアリーグではチャンピオンズリーグ出場圏内である4位まで順位を押し上げている。完全に調子を取り戻したマンUだが、次に立ちはだかるのがスター軍団のPSGだ。この勢いそのままに、フランスの絶対王者をも食らうのではないかと注目が集まっている。

インタビューに応じたスールシャール監督は、強豪クラブとの対戦を待ち望んでいるようだ。「ナニが退場して敗れたレアル・マドリードとの一戦(2013-14)が、ここ最近で興奮した(CLの)ノックアウトステージの試合の一つかな。数年前にはバイエルン(2012-13)との試合もあったね。私は今回の試合を楽しみにしているんだ。特別な夜になるし、サポーターや選手たちも楽しみにしていると思う」とコメント。クラブの公式サイトなどが伝えている。

そして、同指揮官は多くのファンで埋め尽くされる本拠地オールド・トラッフォードでの戦いに絶対の自信を持っている。「おそらく、(現役時代に)印象に残っている最後の試合の一つが7-1でローマに勝った試合だ。私はあの試合でプレイした。我々はアウェイで1-2の敗戦を喫してしまったが、ホームはいつもオールド・トラッフォードだったよ。(ファーガソン)監督も喜んでいた。『問題ない。ホームなら絶対に勝てる』と言ってね。彼は我々の力に自信を持っていた。だから、選手たちには自信を持ってゲームに臨んでもらいたい」と語った。

さらに、対戦相手であるPSGについては「彼らの成長は素晴らしい。世界最高の選手たちがいる。GK界の伝説ブッフォンやここ数年で世界最高のCBの一人となったチアゴ・シウバ、最も有望な若手であるムバッペ、最も高価な選手であるネイマールとか。彼らを見れば、どれだけ進化してきたかわかるよ」と述べつつも「我々は自信を持って戦うよ」と話している。はたして、マンUはホームでPSGを撃破し、優位な状況で2ndレグを迎えることができるのか。