小川彩佳アナ『フリー』になっても「ジャニーズ共演NG」の致命傷!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

小川彩佳 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、近く一般男性と結婚し、同局を退社してフリーに転身すると発表した。

早速、ライバル局の報道番組のキャスター就任の情報などが飛び交っており“人気銘柄”であることをあらためて証明したのだが、大きな障害となりそうなのがジャニーズとの共演NGだ。

「テレ朝からは宇賀なつみアナに続いて、小川アナも去ることになりました。宇賀アナは3月末で退社することが決まっています。そのため、小川アナの退社日は調整中ですが、小川アナ本人は宇賀アナと同じく3月末で退社して、4月からはフリーで活動する気になっています。決断したからには1日でも早く辞めたい。やはり昨年9月に報道ステーションから、AbemaTVの『Abema Prime』に“異動”になったことを根に持っているようです」(テレビ朝日関係者)

長年、主戦場にしてきた報道番組だけではなく、Abema Primeではお茶目な一面も見せたことからバラエティー番組進出もウワサされている。

「さまざまなジャンルの番組が獲得に名乗りを上げています。具体的なところでは、TBSの『NEWS23』がテコ入れするため、4月からのキャスター就任が内定しているという話も出ている。そうなると、元カレの『嵐』櫻井翔が月曜キャスターを務める裏番組、日本テレビの『news zero』と真っ向対決ということになります」(テレビ雑誌編集者)

櫻井と視聴率戦争ということになれば、大きな話題となることは必至だが…。

 

ジャニーズ共演NGはかなりの不利になるが…

「小川アナは近々結婚するとはいえ、櫻井との交際はインパクトがあった。どうしても櫻井のことを連想してしまうため、嵐の他のメンバーはもちろん、嵐ではないジャニーズ所属のアイドルとの共演もNGとなりそうです。それはジャニーズの意向ですから、絶対でしょう」(制作会社関係者)

最近は人気局アナのフリー転身が相次ぎ、パイの取り合いの様相を呈している。その中でジャニーズと共演できないというのは、かなり活動の範囲が狭まることを意味する。

果たして“人気銘柄”の小川アナは、その逆風を跳ね返すことができるだろうか。