実質賃金巡り検討会設置へ

野党要求試算は公表先送り

©一般社団法人共同通信社

衆院予算委で自民党の中山泰秀氏(左手前)の質問に答弁する安倍首相=13日午前

 根本匠厚生労働相は13日の衆院予算委員会で、実質賃金などの統計の在り方に関し、新たに専門家による検討会を省内に設置する方針を明らかにした。「統計的な観点や活用する側の観点を踏まえ、専門家を参集させ検討させる」と述べた。野党は実態に近い形で独自試算した実質賃金の伸び率に関し「2018年平均はマイナスになる。アベノミクス偽装だ」と政権を追及している。野党が求める方式での政府試算の公表は検討会の結論後に先送りされることとなり、反発が予想される。

 根本氏は5日の予算委で野党の試算を事実上、追認している。