ロコ・ソラーレ白星先行

カーリング日本選手権

©一般社団法人共同通信社

東京都協会戦でショットを放つロコ・ソラーレの吉田知(中央)=どうぎんカーリングスタジアム

 世界選手権代表選考を兼ねたカーリングの日本選手権第2日は13日、札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで1次リーグが行われ、女子で平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレは東京都協会を9―3で下して今大会初勝利を挙げ、2連覇を目指す富士急を延長の末に5―4で破り、2勝1敗とした。富士急は3勝1敗。

 中部電力もこの日2戦2勝で開幕4連勝とし、北海道銀行は開幕3連勝とした。

 男子はパシフィック・アジア選手権優勝のコンサドーレがチーム松沢に9―2で、名寄協会に8―2でともに快勝して開幕3連勝した。前回優勝の札幌国際大は北見工大を8―4で下し、2勝1敗とした。

名寄協会戦でショットを放つコンサドーレの松村=どうぎんカーリングスタジアム