巨大IT企業の統合ルール整備

首相指示、監視へ専門組織

©一般社団法人共同通信社

未来投資会議であいさつする安倍首相=13日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は13日の未来投資会議で、米グーグルなど「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制強化策の具体化を指示した。合併や買収といった統合を審査する際には売上高などの市場シェアだけでなく、膨大な保有データの価値の高さを考慮に入れたルールを整備し、独占を阻止する。透明で公正な取引の確保にも取り組むほか、競争環境を監視する専門組織を設ける。

 これらの骨格は関係省庁が昨年12月、未来会議の傘下会合に報告しており、首相は「法制またはガイドライン(指針)を整備する必要がある」と述べた。検討を深め、今夏に閣議決定する成長戦略に方向性を盛り込む。