「F××k off」って言った!? イロイロありすぎたディ・マリアの帰還[映像アリ]

©株式会社FACTORIES

ビールを飲む仕草をするディ・マリア photo/Getty Images

いよいよ決勝ラウンドがスタートしたUEFAチャンピオンズリーグ。イングランドのオールド・トラッフォードではマンチェスター・ユナイテッドとパリ・サンジェルマンのゲームが行われ、PSGが2つのアウェイゴールを挙げてマンUを下している。

この試合で主役となったのは、かつてマンUに所属していたPSGのMFアンヘル・ディ・マリアだった。53分に右コーナーキックからプレスネル・キンペンベのゴールをアシストすると、60分にはキリアン・ムバッペのゴールを絶妙なパスでお膳立て。2アシストの活躍で敵地での勝利に大きく貢献した。

だが、話題になっているのはそれだけではない。英『Daily Mail』『Daily Mirror』などが伝えているのは、先制点が決まったときのディ・マリアの“口の動き”だ。ディ・マリアはチームメイトとともに何かを叫んでいるのだが、これが唇の動きから「『F××k off』と叫んでいるように見える(『Daily Mirror』)」と伝えられているのだ。映像を確認すると、音声は不明瞭ながら確かにそのように見える。

先制ゴールをお膳立てしたあとは、マンUファンからビール瓶を投げ込まれるというアクシデントも。これには瓶を拾い上げ、飲むフリをして見せるなど余裕とユーモアのある対応を見せていた。

ディ・マリアは2014-15シーズンにマンUに所属し、リーグ戦27試合に出場。3得点を挙げたものの、5,970万ポンドとも言われた移籍金に見合う活躍とは認められず、当時のルイ・ファン・ハール監督にも重用されることはなかった。彼は翌シーズンにPSGへと移っている。

かつてのホームで、プレイ以外でもイロイロと注目されたディ・マリア。彼にとってマンUの本拠地オールド・トラッフォードは苦い経験を思い出させる場であり、何か吐き出したい気持ちがあったのかもしれない。

※Youtubeより。当該シーンは3:00辺りから