「笑顔でお過ごしください」女優夏樹陽子さんが語る、美しさ保つこつ

©株式会社沖縄タイムス社

 女優の夏樹陽子さんを招いたタイムス女性倶楽部の講演会が11日、那覇市の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハであった。芸能生活43年目を迎える夏樹さんは、日々実践している健康や美しさを保つこつを紹介し「夏樹陽子流、人生の楽しみ方」を説明した。

 当初は雑誌のファッションモデルだった夏樹さん。「どの世界でもトップになりたいから」とデビュー2年目でモデルとしての頭角を現すことになった逸話を披露。「(撮影など)1回呼んでくれた人には、必ずお礼状のはがきを送る。名刺も手書きで作った。それでいい印象になったのでは」と述べた。趣味のカーレースの写真を披露するなど好奇心が強い一面も見せた。

 30年近く続けている朝のストレッチ体操や、格好よく写真の撮り方も来場者らに伝授。姿勢を良くすることで若く見えるとし「無料でリフトアップできるのは笑顔。皆さんもこれから笑顔でお過ごしください」と呼び掛けた。最後は「百万本のバラ」を歌い、会場を沸かせた。

 名護市の宮城幸さん(82)は「レースや女優、歌手など何でも挑戦する夏樹さんの話を聞いて元気をもらった。明日から美しく生きよう」と満足そうに目を細めた。

トップモデルや女優としての歩みを語る夏樹陽子さん=11日、かりゆしアーバンリゾート・ナハ