地域振興に重点 藤岡市予算案 1.2%減、258億5000万

©株式会社上毛新聞社

 群馬県藤岡市の新井雅博市長は13日、前年度比1.2%減となる総額258億5000万円の2019年度一般会計当初予算案を発表した。住民参加型のまちづくりを推進し、地域コミュニティーの維持と強化に重点を置く。18年度当初予算で計上した一部事業を17年度補正予算で対応したため、18年度の予算規模と比べると、実質1.6%の増加となった。

 県の「花と緑のぐんまづくり」のプレイベントを市独自で、4月下旬~5月中旬に実施する。住民ボランティアの協力を得て駅周辺や公会堂などに花苗を植え、にぎわいを創出する。