これは”舌”ではなく ”脳味噌=想像力”への挑戦です!

©株式会社エキスプレス

カルビーが、47都道府県「地元ならではの味」を再現しているのは御存知ですよね?

カルビーは、島根県浜田市の特産品「赤てん」の味わいを再現した『ポテトチップス 赤てん味』を数量限定・期間限定で2019年3月4日(月)、島根・鳥取・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知(9県)で発売します。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(4月中旬終売予定)

カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「

JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度に地元の味を再現したポテトチップスを発売しました。

2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

2018年度の第3弾となる島根の味『ポテトチップス 赤てん味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、島根県庁にてワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。

お客様から出された味案は、「赤てん」と「しじみの味噌汁」に人気が集中しました。魚のうまみとピリッとした唐辛子の辛さがポテトチップスとの相性が良かったため、「赤てん味」に決定しました。

《開発担当者コメント》
「赤てん味」は、魚のすり身の味をベースに、その周りについているパン粉の香ばしい香りと玉葱の甘味、また食べた後にのどにくる辛味を表現しております。外側は焼いているのですが、中は生っぽいすり身が特徴のため、どこまで香ばしさをだすか、どこまで生感をだすかなどを試行錯誤し、味が喧嘩しないように気を付けました。
また、試作品に対して、県民の方からは「もっと辛味を強くして欲しい」という要望をいただき、「赤てん」同様にのどにくる辛味を強く感じられる商品にしました。お酒にとても合うと思いますので、ぜひお召し上がりいただければと思います。


ふだんからプレーンな「うすしお」「青のり」程度しか食べないので、この企画商品を見た時には「眼が点」になりました。要は、複数の食材・具材の味が入り組んだものを単品のポテトチップスに風味づけする方法が想像出来なかったのです。「漬物ステーキ味」「台湾ラーメン味」「しっぽくうどん味」「芋煮カレーうどん味」「炙り柿の葉すし味」、これらの味をアタマの中で再現できますか? 筆者はできません。正にイマジネーションの冒険なのです。

是非、ご自分の舌でカルビーの冒険を賞味してください!