県議選の投票用紙を搬入

©株式会社北國新聞社

 統一地方選の前半戦となる3月29日告示、4月7日投開票の石川県議選で、県選管は14日、投票用紙99万5千枚を県庁に搬入した。一般用99万2千枚、点字用3千枚で、投票権が18歳以上となったため一般用は2015年の前回県議選から3万2千枚増やした。

 県選管書記20人が投票用紙が入った段ボール箱61箱を台車で保管場所に運び、市町別に分けて積んだ。投票用紙は縦12・8センチ、横9センチ。21日に各市町に届ける。

 県内の昨年12月1日現在の選挙人名簿登録者数は95万6634人となっている。