松本穂香が銀シャリ・橋本のツッコミに「興奮します!」

©株式会社東京ニュース通信社

2月15日放送のフジテレビ系バラエティー「全力!脱力タイムズ」(金曜午後11:00)に、松本穂香とお笑い芸人・銀シャリの橋本直がゲスト出演し、“SNSとコミュニケーション不足の関係性”をテーマに議論する。

同番組は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説する新感覚ニュースバラエティー。番組冒頭からゲストの松本は、銀シャリ・橋本の大ファンだと告白し、橋本の切り返し方やツッコミがいかに素晴らしいかを熱弁する。全力解説員の齋藤孝、岸博幸、メインキャスターのアリタ哲平(くりぃむしちゅー・有田哲平)も、その言葉のセンスに感心しきりだが、当の橋本はプレッシャーを感じる。

本題では、街頭インタビューで対人関係で困ったシチュエーションについて調査。SNSの発達により、対人関係でピンチに陥った時にうまく返せないと悩む人が増えているという問題に、対人コミュニケーションに詳しい会計士・コンサルタントの森井じゅん氏が、ケースごとにどう乗り切ればいいのかコメントしていく。

すると、松本は「言いたいことはSNSで言っている」と生のコミュニケーションが不足していることを打ち明ける。森井氏によれば、会話のプロであるお笑い芸人の手法をお手本にするべきだという。スタジオでは“女性からセクハラと言われた時の対応”を実演。松本がセクハラを受けたと主張する部下にふんし、岸、齋藤、橋本が上司として適切な答え方ができるかやってみることに。岸、斎藤の対応では、セクハラされた部下になりきっている松本も不機嫌になってしまう。

一方、橋本がセクハラと言われた時の対処を披露すると、その見事な切り返しに「興奮します!」と松本のテンションは急上昇。見守っていたアリタと解説員たちも称賛を惜しまない。橋本は「15年ぐらいやっているけど、ここまで褒められたことがない」と思わず口にする。しかし、その期待は高まるばかりで、ハードルがどんどん上がって“褒め殺し”状態の橋本は、次第に追い詰められていく。

松本は「収録前からド緊張でした。収録中も、とにかく汗がたくさん出ました…。番組全体がコントになっているとお聞きしていたので、私は何も間違えちゃいけないんだと、すごくドキドキしました。笑っちゃいけないと分かっていたんですけど、後半は笑ってしまいました」と緊張しきり。橋本とのやりとりには「橋本さんが横にいらっしゃって、私はそれだけで笑いがこらえられなかったです。台本にはない広がりもありましたし、私が笑わないと終わらないのかなと思ったり。バラエティーの経験がないので、正解が分からなくて、橋本さんと一緒に探り探りやっていました(笑)」と振り返った。