パナ、プロ向けミラーレス発売へ

キヤノンは軽量機種を投入

©一般社団法人共同通信社

パナソニックが発売するミラーレス一眼カメラ「DC―S1R」

 パナソニックとキヤノンは14日、写真愛好者やプロを中心に人気のミラーレス一眼カメラの新製品をそれぞれ3月に発売すると発表した。「フルサイズ」と呼ばれる大型の画像センサーを搭載し、高画質の写真を撮影できるのが特長。パナソニックは最新のデジタル技術を使ったプロ仕様の高級モデルを、キヤノンは従来機種より小型化した軽量モデルを投入する。

 パナソニックが「ルミックス」ブランドで3月23日に発売する「DC―S1R」など2機種は、同社としては初めてフルサイズのセンサーを備え、高精細で立体感のある画質を追求した。市場想定価格はレンズ別売りのモデルで34万円前後から。

キヤノンが発売するフルサイズのミラーレス一眼カメラ「EOS RP」