浜岡原発、「早期の再稼働を」

経団連会長、防潮堤を視察

©一般社団法人共同通信社

中部電力浜岡原発の防潮堤を視察する経団連のメンバーら=14日、静岡県御前崎市

 経団連の中西宏明会長は14日、運転停止中の中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)を視察した。記者団に対し「早く再稼働してもらいたい」と述べた。経団連は4月にエネルギー政策に関する提言を公表するという。

 中西氏は津波対策の防潮堤などを見て回った上で「万全の安全対策をしているという印象を受けた」と指摘。原発を抱える地域の住民らに再稼働への理解を広げる必要があるものの「原子力と原子爆弾が頭の中で結び付いていると、分離するのは難しい」と話した。

 原発に関しては「気候変動問題への対応や着実なエネルギー源という意味で、他に手はない」と必要性を強調した。