元秘書官「所管外」と答弁拒否

勤労統計、野党さらに追及

©一般社団法人共同通信社

 毎月勤労統計の調査対象事業所入れ替えに伴うデータ変動に関し、2015年3月末に厚生労働省から説明を受けた当時の中江元哉首相秘書官は14日の衆院予算委員会で答弁拒否を繰り返した。説明を受けた秘書官が、現在は財務省関税局長を務める中江氏だったと同日明らかになり、閣僚を補佐する政府参考人として予算委に出席。真相解明のため野党は参考人招致を要求した。

 中江氏は昨年7月まで首相秘書官だった。立憲民主党会派の小川淳也氏が予算委で「問題意識」発言の意味などをただしたが、中江氏は「関税局長として出席している。所管外の事は差し控える」と述べ、数回にわたり答弁を拒んだ。