シネコンでは絶対に見られない"現代版アンネの日記"、20xx年、障害者の排除が推進される日本を描いた映画「BADDREAM」、3月20日東京初上映!

©有限会社ルーフトップ

20xx年、障害者の排除が推進される日本。お笑いコンビ「脳性マヒブラザーズ」はいつかまた人前に立つことを夢見ながら隠れ住んでいる。壁穴から覗き見る女が唯一の希望。彼らを支援する舞台仲間の男女。しかし、やがて限界が訪れる――

真のダイバーシティを探る新潟発の長編自主映画「BADDREAM」の東京初上映が3月20日(水)LOFT9Shibuyaにて決定。

上映後にはトークイベントも決定。登壇者は、東ちづる(女優・一般社団法人Get in touch理事長)※予定、今井絵理子(参議院議員)、井出今日我(CIL上田Groping代表)、DAIGO(映画主演)、MXU(監督)ら。チケットは現在発売中(こちらをクリック)。