熊本城マラソン「一足早く歩いたよ」 ファンランコースに園児80人

©株式会社熊本日日新聞社

復旧工事が進む熊本城(右奥)を横目に、復興ファンランコースを元気よく歩く園児たち=熊本市中央区

 熊本市中央区のときわ幼稚園の年長児80人が14日、熊本城マラソン(17日開催)復興チャレンジファンランのコースを元気いっぱいに練り歩いた。

 熊本地震からの復旧が進む熊本城を見ながら市街地を歩き、諦めない気持ちや体力、交通ルールを身につけてもらう取り組みで、今回で3年目。参加した園児の多くは入園式の翌日、熊本地震の前震に見舞われた。

 園児らは市役所前で「エイ、エイ、オー」と声を上げ気合を入れた後、上通や下通のアーケード街、坪井川沿いなど3キロを約1時間かけて歩いた。復旧工事が進む熊本城が近くに見える場所では立ち止まり、「熊本城、頑張れ」と声をそろえて声援を送った。

 藤川直生ちゃん(6)は「みんなと歩いて楽しかった。お城が早く元通りになって、中に入ってみたい」と話した。(松冨浩之)