自民、新人杉本氏推薦へ

福井県知事選

©一般社団法人共同通信社

 自民党は14日、4月の福井県知事選に立候補する元総務官僚の新人杉本達治氏(56)の推薦を15日にも決める方向で最終調整に入った。一部の自民県議は5選を目指す現職西川一誠氏(74)を支援し、分裂選挙の可能性がある。党側は候補者を杉本氏で一本化することを目指しており、分裂回避に向けた動きを強めている。党関係者が明らかにした。

 党内には分裂による夏の参院選への影響を懸念する声があり、杉本氏の支援を巡り、「推薦」より党の関与が少ない「支持」とする案が浮上していた。