ケフィア関連会社を捜索、警視庁

かぶちゃん農園、出資法違反容疑

©一般社団法人共同通信社

家宅捜索のため「かぶちゃん農園」に段ボールを運び込む警視庁の捜査員ら=15日午前8時27分、長野県飯田市

 警視庁生活経済課は15日、出資法違反(預かり金禁止)の疑いで、高齢者を中心に多額の資金を集め、1千億円超とされる負債を抱えて破産した「ケフィア事業振興会」の関連会社「かぶちゃん農園」(長野県飯田市)を家宅捜索した。

 ケフィアは、干し柿などの加工食品製造事業で、一定額を支払って商品のオーナーになれば同社が数カ月後に商品を買い取り代金を支払う「オーナー制度」で出資を勧誘。かぶちゃん農園はケフィアが取り扱う商品を生産しており、昨年10月に破産した。警視庁は押収資料を分析し、資金の流れなど事業の実態解明を進める。