歴代1位はノムさん、ハム中田が昨季「13」 今季達成が予想される記録【犠飛編】

©株式会社Creative2

日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】

3位はホークス内川、2位は巨人阿部、現役選手の通算犠飛1位は?

 犠飛は走者が三塁にいる場面で、外野フライを打って走者をタッチアップで本塁に返すプレーだ。打者には打点「1」がつき、打数はカウントされない。犠飛は走者が三塁にいる状態で、打者に求められる「最低限の仕事」とされる。上位ランキングには強打者が並んでいる。

〇NPB通算犠飛数 10傑()は実働期間 
1 野村克也 113犠飛(1954-1980)
2 加藤英司 105犠飛(1969-1987)
3 王貞治 100犠飛(1959-1980)
4 門田博光 95犠飛(1970-1992)
5 長嶋茂雄 90犠飛(1958-1974)
5 張本勲 90犠飛(1959-1981)
7 山内一弘 88犠飛(1952-1970)
7 落合博満 88犠飛(1979-1998)
9 大杉勝男 86犠飛(1965-1983)
10 新井貴浩 81犠飛(1999-2018)

 1位は野村克也。2位には阪急などで強打者として活躍した加藤秀司が入った。王貞治は3位だった。犠飛が多い打者は「フライを打つのが得意」だったということがいえよう。また走者が三塁にいる機会が多い中軸打者が多くなる。昭和の選手が多いが、昨年まで広島で現役だった新井貴浩が10位に入っている。NPBの表彰は100犠飛から。NPB史上では3人しかいない。

現役選手の犠飛数ランキング

1 福浦和也(ロ) 78犠飛(1997-2018)
2 阿部慎之助(巨) 67犠飛(2001-2018)
3 内川聖一(ソ) 65犠飛(2001-2018)
4 中島宏之(巨) 61犠飛(2002-2018)
5 今江年晶(楽) 60犠飛(2002-2018)
6 福留孝介(神) 58犠飛(1999-2018)
7 栗山巧(西) 55犠飛(2004-2018)
8 鳥谷敬(神) 52犠飛(2004-2018)
8 中田翔(日) 52犠飛(2009-2018)
10 浅村栄斗(楽) 44犠飛(2010-2018)

 今季中に表彰基準の100犠飛に達する選手は見当たらない。現役最多のロッテ、福浦は今季限りの引退を表明しているので難しい。巨人の阿部も試合出場が限定されるので、大台達成には2年以上かかるだろう。こうしてみると、犠飛の記録で球史に残る現役選手は少ないように思えるが、実は昨年、大きな記録が生まれていた。

日ハム中田は昨季シーズン最多犠飛へ、あと2本だった

〇シーズン犠飛記録10傑 ※は現役

1 大杉勝男 1970年(東映) 15犠飛
2 中田翔 2018年(日本ハム) 13犠飛※
3 佐々木恭介 1975年(近鉄) 12犠飛
3 原辰徳 1991年(巨人) 12犠飛
3 江藤智 1995年(広島) 12犠飛
3 R.ローズ 1996年(横浜) 12犠飛
7 王貞治 1978年(巨人) 11犠飛
7 金村義明 1987年(近鉄) 11犠飛
7 石嶺和彦 1991年(オリックス) 11犠飛
7 清原和博 1998年(巨人) 11犠飛
7 中島裕之 2010年(西武) 11犠飛※
7 中島裕之 2011年(西武) 11犠飛※
7 今江敏晃 2013年(ロッテ) 11犠飛※

 日本ハムの中田が、昨年13犠飛を記録。これは1位の大杉勝男にあと2と迫る記録。1996年以降では最多だった。大杉は日本ハムの前身、東映で大活躍した強打者。中田はチームの大先輩に迫ったのだ。中田も大杉も打点王を2回獲得しているクラッチヒッターだ。中田は11シーズンで52犠飛。このペースで犠飛を増やし、4人目の100犠飛に到達するだろうか?(広尾晃 / Koh Hiroo)