日産、ルノーとの関係修復に意欲

西川社長、会談2日目

©一般社団法人共同通信社

 日産自動車の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)は15日、フランス自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール新会長との2日目の会談に関し、報道陣に「懸案を一つ一つ片付け、仕事を前に進めたい」と述べ、関係の修復に改めて意欲を示した。

 日産は前会長カルロス・ゴーン被告=会社法違反(特別背任)などの罪で起訴=の事件発覚後、ぎくしゃくしていたルノーとの企業連合の立て直しを急いでいる。15日は経営幹部とスナール氏が面会する見通しで、西川氏は後任会長の選定などは「(会談の)テーマではない」と説明した。