EU、ネット配信使用料を義務化

著作権法改正で合意

©一般社団法人共同通信社

ドイツ・ベルリンのオフィス開設式に出席したグーグルの幹部ら=1月22日(ゲッティ=共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の欧州委員会、欧州議会と加盟国は米グーグルや動画投稿サイトを手掛ける同社傘下のユーチューブなど巨大インターネット企業が音楽や動画をネット配信したり、報道機関のニュースの詳細を掲載したりする場合、適切な使用料を著作権を持つ提供者に払うことなどを義務づける著作権法令の改正案で合意した。EUが14日発表した。

 巨大ネット企業が著作権侵害コンテンツを掲載するなどした場合、企業側が法的責任を負うことも明記した。

 合意案は今春、欧州議会と加盟国がつくる閣僚理事会で正式承認され、改正法が成立する見通し。