オリックス高卒3年目の山本由伸、金子&西の穴埋めへ2回2安打1失点…紅白戦

©株式会社Creative2

白組で先発登板

 オリックスの3年目、山本由伸投手が15日、紅白戦で先発登板。2回2安打1失点だった。

 150キロ前後の直球を軸に攻めの投球を見せた。西浦を遊ゴロ、福田を四球、ロメロを遊ゴロ併殺打に仕留めた。2回は先頭・マレーロに左前安打を許したが、続く西野を一ゴロ。白崎を三ゴロに抑えた。白崎の二盗で2死二塁から後藤に右前適時打を許したが、後続を断ち切った。2回2安打1失点、1四球だった。

 昨季はセットアッパーとしてリーグ2位の32ホールドを記録。オフに金子弌大が自由契約を経て日本ハムへ、西勇輝がFAで阪神へ移籍し、先発へ転向した。20歳右腕は開幕ローテ入りへアピールを続けたいところだ。(Full-Count編集部)