新日鉄住金の資産売却手続きを宣言

©一般社団法人共同通信社

 韓国元徴用工訴訟の原告側代理人は15日、東京都の新日鉄住金本社前で、既に差し押さえている韓国内の同社資産の売却、現金化の手続きを始めると宣言した。賠償協議のため同社を訪問したが、面会を断られた。