往復の自由席特急券購入が引き金

新幹線の券売機トラブル

©一般社団法人共同通信社

システムの不具合を知らせる紙が張られた名古屋駅の自動券売機=15日正午ごろ

 JR新幹線の自動券売機が15日朝から使えなくなったトラブルは、各社とも、利用客が自由席特急券を往復で購入しようとした場合に限って発生していたことが各社への取材で15日、分かった。システムの管理を担う鉄道情報システム(東京)が、この操作をできないように設定し、順次使用再開を進めている。

 各社によると、乗車券を含まず、自由席特急券のみを往復で購入する利用客は少ないが、JR各社で共通のシステムになっていることや、不具合が起きた券売機は再起動するまで使えなくなったことから影響が広がった。

 トラブルになったのは、乗客が操作できるタイプの券売機のうち2種類。